ヤクルト400ピルクル

ヤクルトとピルクルの違い 効果より値段が一番の違いか

ヤクルトとピルクルの違い

ヤクルトとピルクル。
この2つは似ています。

 

 

 

なにが似ているって外見が似ています。
パッケージが似ているんですよ。

 

 

 

赤と飲み物の肌色を基本としたパッケージです。

 

 

他にもよく見てみると、両方とも特定保健用食品(トクホ)なのもわかります。

 

さらに両方飲んでみると、味もかなり近いことがわかると思います。

 

 

ヤクルトとピルクルの違いについて今回は紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

一番の違いは値段の差にある

ヤクルトとピルクル。
一番の違いは値段にあると自分は思っています。

 

絶対とはいえませんが、ほぼ確実にピルクルのほうが安く買えます。
ヤクルトのほうが値段が高いです。

 

 

そもそもヤクルトって滅多に安くならないです。
1本40円という値段から安くなることは少ないんです。

 

 

ピルクルは、1本20円から30円で買えます。
1本単位で買うことは難しいです。
でも5本セットのものが100円から150円ぐらいで買えます。

 

 

さらにピルクルは紙パックタイプでも販売しています。

 

 

ヤクルトに似た飲み物が、1L紙パックで売っているというのはすごいことかと。
1Lで200円ぐらいで買えますからね…。

 

ヤクルト1本が65mlだと考えると、約15本分ですか…。
ヤクルトを1L飲むとなると600円ぐらいかかります。

 

それが200円で買えてしまうのだからピルクルは安いです。

 

 

 

 

 

ヤクルトの乳酸菌シロタ株とピルクルのNY1301乳酸菌

「値段が安い分、ピルクルは効果が低いんじゃないの?」
と考える人もいるかもしれません。

 

 

でもピルクルにはカゼイ菌NY1301乳酸菌を配合しています。
質の高い乳酸菌を配合しているんです。

 

 

ヤクルトには乳酸菌シロタ株を配合しています。
ピルクルのNY1301乳酸菌。
ヤクルトの乳酸菌シロタ株。

 

どちらが効果が高いのかは、人との相性で決まります。
少なくとも、両方とも質の高い乳酸菌を配合していることは間違いないです。

 

ピルクルは値段が安いからといって、効果がヤクルトより下ともいえません。

 

 

ただ値段の安いものは
「安い分だけ、効果も低い」
と思われがちです。

 

そしてそう思われると、実際に効果はあまり実感されないものです。

 

 

ピルクルのほうがヤクルトより、イメージ的には
「安い」
と思われている分、精神的効果の点でピルクルの効果は低そうです。

 

 

それでもヤクルトもピルクルもどちらもトクホに認定されています。
おなかの調子を整える効果はあるんです。

 

 

 

 

ヤクルトは知名度勝負

ヤクルト社の知名度は抜群です。
プロ野球チームがあるぐらいです。

 

一方のピルクルはヤクルトと比べるとどうしても知名度が落ちます。

 

 

なので
「ピルクルはヤクルトの類似品」
と言われることはあっても
「ヤクルトはピルクルの類似品」
と言われることは、まずありません。

 

 

そして今の世の中ヤクルトの類似品は沢山あります。

 

 

 

これらのヤクルトの類似品はヤクルトより値段が安いです。

 

 

それでもヤクルトを買う人は沢山います。
それはヤクルトの知名度がなせることだと思います。

 

もしヤクルトより値段の高いヤクルトの類似品があっても、売れないと思います。
ヤクルトより値段の安い類似品があるのに、ヤクルトを買う人が多いわけですから。

 

 

ヤクルトのすごさは、ヤクルトの類似品がでてきても、ヤクルトが売れ続けている点だといえます。
それだけヤクルトという飲み物は、日本人に愛されているのだと思います。

 

 

ピルクルはヤクルトと比べると、どうしても
「ヤクルトの類似品の1つ」
とされてしまうことがあるんです。

 

でもピルクルは数あるヤクルトの類似品の中でも、ヤクルトの次に人気の飲み物だと思います。
自分もピルクルが安く販売されているときはよく買います。

 

 

ピルクルはコンビニでよく売られているイメージがありますね。
セブンイレブンでピルクルをよく見かけるというか…。

 

コンビニでピルクルを販売している日清ヨークの乳製品をよく見かけます。


ホーム RSS購読 サイトマップ