ヤクルト400下痢

【ヤクルト400】下痢になることがある!副作用?

ヤクルト400で下痢になる人がいる

ヤクルト400を飲むと下痢になる人がいます。

 

 

実はこれヤクルト400に限ったことではないんです。
乳酸菌関係の製品を飲むと下痢や便秘になる人がいたりします。

 

 

「ヨーグルトを食べると下痢になります」
なんていう人は、探してみると結構みつかるものです。

 

 

牛乳でも下痢になるから避ける人もいますから。
乳酸菌で下痢になるのか、乳製品が悪いのか知りませんけど。
ヤクルトで下痢になるというのは乳酸菌の関係かと思います。

 

ただそれほど多くの人に下痢の症状がでるわけではないです。
むしろ、ごく一部の人しか下痢になりません。

 

 

もしヤクルトを飲んで下痢になってしまった人は
「運が悪かった」
と思ってください。
基本ヤクルトを飲んで下痢になる人って、本当に少数です。

 

 

下痢や便秘を改善するために乳酸菌を摂取する人は多いと思います。
乳酸菌で腸内環境を整えようとしているわけですから。
それなのに乳酸菌摂取で下痢や便秘の症状がでてしまう人にとってはたまったものではないです。

 

乳酸菌配合製品の口コミを見ていると
「便秘が悪化しました」
「下痢になりました」
なんてことを言っている人がちょくちょくいたりします。

 

 

これまたそれほど人数は多くないんですけど。
「新ビオフェルミンS」や「ミヤリサン」といった菌を配合した整腸薬を飲むと下痢や便秘になってしまう人がいます。

 

 

菌を配合した整腸薬を飲み始めたとき、逆に下痢や便秘になってしまう人がいるんです。

 

 

乳酸菌はおなかの調子を整える効果があります。
普通に考えると下痢や便秘を改善する効果があるものなんです。

 

それなのに逆に下痢や便秘になってしまうというのはなんとも困ってしまうものです。
ヤクルト400でも同じように
「ヤクルト400を飲んだら下痢になった」
という人がいたりします。

 

 

ヤクルトってヤクルト公式サイトで紹介されている
「ヤクルトができるまで」
というページを見るとわかりますけど、粉ミルクに甘みをつけて乳酸菌を入れた飲み物なんですよね。

 

だから乳製品とはかなり関係は薄い気がします。
ヤクルトで下痢になってしまう人は、乳酸菌との相性の関係で下痢になっている可能性が高いです。

 

 

 

なぜ下痢になるのかはわからない

乳酸菌を摂取し始めに下痢になる人は少なからずいます。
でもそれがなぜ下痢になるのか、確かなことはわかっていません。

 

単純に
「乳酸菌との相性が悪い」
で片付けられることが多いです。

 

 

乳酸菌を摂取して下痢になってしまっても、その後続けているうちに下痢の症状はでなくなることもあります。
だからヤクルト400も飲み続けているうちに、下痢にならなくなる可能性もあります。
時間とともに下痢の症状はでなくなり、おなかの調子が整っていくと思います。

 

ただ長くヤクルト400を飲んでいるのに下痢が続くようなら、相性が悪いと思って飲むのを諦めたほうがいいです。

 

 

下痢になる理由は乳酸菌の影響以外にも

 

  • ヤクルト400の原材料のなにかが相性が悪い
  • 冷たいものが腸を冷やしおなかを下す
  • 「ヤクルト400を飲んだら下痢になる」という不安

 

こういったものが下痢を起こしている可能性があります。

 

特に精神的なもので
「ヤクルト400を飲んだら下痢になる」
と思っていると、ヤクルト400を飲むのも結構な力が必要になります。

 

ストレスからの不安。
不安からのおなかの調子が悪くなるなんていうのは定番です。

 

男性のほうに多いかもしれませんね。
緊張からのストレスでおなかの状態が悪くなるというのは。

 

 

ヤクルト400なんて、単なる飲み物です。
その飲み物を気合いを入れて無理して飲むぐらいなら、他の乳酸菌配合飲料を飲んだほうがいいかと思います。

 

悪いイメージがついてしまった製品は、無理して飲む必要はないと自分は思います。
それでなくても、今ではスーパーにいけば乳酸菌配合飲料なんて沢山ありますし。

 

 

いくらヤクルト400の評判がすごくよくても、実際に飲んでみたら下痢になるのならどうにもなりません。
大事なのは評判ではないです。
実際に飲んでどうなるのかです。

 

 

 

 

 

ヤクルトが腸に刺激を与えて下痢になる可能性

下痢になるというのが悪い影響だと限ったことではないかもしれません。

 

たとえば、腸の運動が活発になりすぎると、腸で腐敗物が止まる時間が短すぎて、固まる前に便としてでてしまう可能性があります。
実際便秘がちな人にとっては、うんちの状態が少し柔らかくなるのは、願ったりな効果なんですよね。

 

下痢にまでいってしまうと困りものなんですが。

 

 

ヤクルトを飲んで便秘が改善する人もいます。
それは腸内環境が整っているとは限らなく、ヤクルトを飲むことで腸に刺激を与え、便が出ている人も多い気がします。

 

乳酸菌の効果というのは時間がかかるもので、腸内環境を整えるとなるとより時間がかかるはずです。
もしヤクルトを飲んですぐに便秘が改善したのなら、それはヤクルトが腸に刺激を与え便をだしているにすぎないわけです。

 

 

夏に暑いからと言って、冷たいものを食べ過ぎるとおなかを壊すのと似ています。
急な温度差によって、腸に刺激を与えて下痢になってしまう可能性があります。

 

 

自分も体験済みですけど
「代謝が低いときのほうが下痢になりやすい」
です。
なにもしていないときに「寒い」と感じるようなら、下痢になりやすい体質だということです。

 

逆に
「代謝が高いときは便秘になりやすい」
気がします。
なにもしていないときに「暑い」と感じるようなら、便秘になりやすい体質だといえます。

 

 

夜、かけ布団をかけてぽかぽか状態で眠っているときに
「はっ!うんちがしたい!」
なんておきることはほとんどないと思います。

 

でも、ちょっとした昼寝で、そこらへんで寝転んでグーグー眠っていると体が冷えて、おきたときに
「なんかおなかの調子がやばい…」
みたいになることは多いです。
むしろ、おなかの違和感で昼寝から目が覚めたりもします。

 

腸が健康になって便がでる以外にも、腸の状態が低下して下痢上の便がでることもあるんです。

 

 

甥っ子はかなりトイレの大のほうを行かないタイプなんですけど。
甥っ子が寝ているときは、ものすごい暑さになります。
暑すぎて、汗だらだらで一緒に寝ていてびっくりしました。

 

やっぱり代謝が高い人は、うんちの回数が少なくなるのだと思います。
ヤクルトで下痢になってしまう人は、ヤクルトで体温をかなり持っていかれているのかもしれません。

 

 

便秘の人なら、腸に刺激を与えてでてくる便は、宿便だと思われるのでそれなりに固まった便だと思います。
でも、便秘ではない人が腸に刺激を与えて出てくる便は、下痢上の便でもおかしくありません。

 

つまり腸内環境が悪くない人がヤクルトを飲むと、ヤクルトの飲み方が悪く下痢になってしまう可能性はあると思います。
「ヤクルトは量が少ないから一気飲みだ!」
みたいな人は、ちびちびヤクルトを楽しむように飲むと下痢にならないかもしれません。

 

ようは冷たすぎる水は体に悪影響だと考えられるんです。
中国人は冷たい水は飲まないってニュースかなんかでもやっていましたよね。

 

コンビニでは冷たい飲み物ばかりが好まれるわけではないので、常温で置いておく飲み物を販売しているショップがニュースになっていました。
日本人は基本飲み物は冷たいものを好みます。
でもそれは味特化の話で、健康の点を考えると冷たすぎる飲み物はあまりよくないと思われます。

 

 

 

ヤクルト400LTの甘味料で下痢になる人がいる?

ただヤクルト400LTという低脂肪バージョンになると、下痢になる別の理由がでてきます。

 

 

ヤクルト400LTはカロリーを抑えるために砂糖の量を減らし人工甘味料スクラロースを使っています。
このスクラロースは人によっては下痢を起こしてしまう人がいます。

 

 

でも今の時代多くの食べ物や飲み物に甘味料が配合されています。
もし甘味料でおなかの調子が悪くなるのなら、ヤクルト400LT以外でも頻繁に下痢を起こしているはずです。

 

なので甘味料で下痢になるというのは、可能性としては低いと思いますけど。

 

 

普通のヤクルトでは下痢にならないのに、カロリーハーフヤクルトやヤクルトLTを飲むと下痢になる。
そういう人は甘味料が原因な可能性があります。

 

低カロリーなヤクルトは、砂糖の量を減らし甘味料の量を増やしています。
甘味料を摂取するとおなかがゆるくなる人は、普通のヤクルトを飲むのをおすすめします。

 

 

甘味料は下痢になる以外にも、いろいろと評判が悪いです。
でも逆に甘味料を使うことでカロリーを減らすことができるメリット(?)があります。
他にもスクラロースは血糖値をあげないという点も、血糖値が高い人には魅力です。

 

女性は特にカロリーを気にするので、カロリーを少なくした製品があるのだと思います。
カロリーを気にしていないのなら、普通のヤクルト400でいいと思います。

 

 

 

 

 

大抵は続けているうちに治っているもの

ヤクルト400を飲んで下痢や便秘の症状がでても、その後もヤクルト400を飲んでいるうちに大抵はよくなります。
1ヶ月ぐらい続けて飲んでいれば、おそらくヤクルト400を飲んでも下痢になることはないかと思います。

 

 

1ヶ月続けてみて、それでもヤクルト400を飲んだら下痢になるのなら、飲むのを諦めたほうが無難です。

 

 

ヤクルト400では効果が強すぎるのかもしれません。
ためしに普通のヤクルトを飲んで、ヤクルトでも飲んだら下痢になるのかチェックするのをおすすめします。

 

 

普通のヤクルトなら大丈夫なら、ヤクルトを飲めばいいと思います。
ヤクルトもヤクルト400にも配合されている乳酸菌はシロタ株です。

 

もしヤクルトでは大丈夫でもヤクルト400のほうを飲んだら下痢になるのなら、乳酸菌シロタ株以外の点でヤクルト400になにか悪い点があるわけです。
やっぱり精神的なものだと自分は思いますね。

 

 

ヤクルト400の量を減らすのは難しいと思います。
1本80mlですから、これより量を減らすとなるとできないことはないですが、半分だけ飲んで残りを残しておくのも馬鹿らしいです。

 

なのでもしヤクルト400を飲んで下痢になってしまう人は、飲む頻度を減らすのもいいと思います。
毎日ヤクルト400を飲んでいるのなら、2日に1回のペースで飲んでみるのもいいと思います。

 

 

飲む時間帯を変えるのもいいと思います。
どうしても体が寝ぼけていたり体調が悪いときは、体が冷えています。
そういうときにヤクルト400を飲むとおなかを下しやすいです。

 

お風呂上がりにヤクルト400を飲むのも注意です。
あたたまった体が飲み物の影響で冷えて、おなかを下すことがあります。

 

ヤクルト400を冷蔵庫からだしてすぐ飲むのではなく。
常温で1,2分置いてから飲むのもいいと思います。

 

もちろん一気飲みは厳禁です。

 

 

まぁ一般の人はそこまでおなかはヤワではないです。
冷たいものを飲んだりしても、おなかを下すことはありません。

 

でも人によっては、ちょっとしたことで下痢になったりします。
そして人間の健康はちょっとしたことで上下するんです。

 

 

スポーツ選手も休み時間があると、体を冷やさないようにしていますよね。
野球の投手はベンチで厚着している人が多いです。

 

投手がバッターとして塁にでたら、ウインドブレイカーを着ていることも多いです。

 

ちょっとしたことでも、プロはそのちょっとしたことでいい成績を残せるのならそうします。
人間の健康も絶対なんていうものはないです。
少しでも健康に悪いことは減らし、健康にいいことを増やしたいところです。

 

 

 

乳酸菌の数が多いのがすべての人にメリットとは限らない

 

「乳酸菌の数が多い」
というのは、多くの人にとっては良いイメージを抱くと思います。

 

「乳酸菌の数が多いと効果がありそう」
と思う人が多いから、ヤクルト400って人気なんです。

 

 

でも「乳酸菌の数が多い」と聞いて
「副作用が気になる」
と、乳酸菌の数が多いことを不安に思う人もいます。

 

実際ヤクルト400は
「乳酸菌の数が多い」
製品なだけであって、それがメリットなのかデメリットなのかはヤクルト社は何も言っていないです。

 

ヤクルト社からしたら単に
「普通のヤクルトより乳酸菌の数が多いヤクルトを販売していますよ」
と言っているわけです。

 

乳酸菌の数が多いことをどう思うのかは、購入する側の自由なんです。

 

 

仕事でもそうですよね。

 

仕事の量が多いと
「ブラック企業だ!」
という人が多いです。

 

でも、仕事をやっている本人としては
「沢山稼げれてうれしい!」
「やりがいがある!」
という人もいます。

 

「残業が嫌だ」という人もいれば、「残業が減って(給料が減って)つらい」という人もいます。
仕事の量が多いというのも、魅力的に思う人もいれば、デメリットに感じる人もいるわけです。

 

乳酸菌の量が多いのも、魅力的に思う人もいれば、不安に思う人もいるわけです。


ホーム RSS購読 サイトマップ