ヤクルト400は何歳から飲める?

【ヤクルト400】何歳から飲める?赤ちゃんは大丈夫?虫歯の危険

ヤクルト400は何歳から飲めるのか

ヤクルト400は何歳から飲めるのか?

 

 

ぶっちゃけ小さな子にヤクルトを飲ませる意味ってあまりないと思いますけど。
乳酸菌シロタ株を配合していますけど、小さな子って腸にはたくさんの善玉菌(ビフィズス菌)がいます。

 

 

年齢を重ねるごとに善玉菌の量が減っていくから、高齢者にはヤクルトといった乳酸菌飲料がおすすめなわけですね。

 

 

ヤクルトを赤ちゃんや小さな子に飲ませるのなら味目的ということになりそうです。
まぁたしかに小さな子に乳酸菌を摂取させて無駄ってことはないと思いますけど。

 

新品の車を、すぐに洗車するようなイメージかな。
ヤクルトを飲ませるより、普段の食事で腸内を悪化させるようなものを避けさせたほうが影響は大きくでると思います。

 

 

話をもどして、ヤクルト400は何歳から飲めるのか。
ヤクルト公式サイトのほうで、その回答が掲載されています。

 

【ヤクルトQ&Aページはこちら】
ヤクルトQ&A

 

その質問と回答はこちら。

 

Q.赤ちゃん(子供、幼児)に飲ませてもよいですか?

 

A.お子様、幼児もお飲みいただけます。赤ちゃんは、ミルク以外のもの(離乳食等)を口にする頃からお与えいただけます。
ぬるま湯(人肌程度)で2倍くらいに薄め、赤ちゃんの便や健康状態をみながら、ごく少量から与えはじめてください。
その際、哺乳びんの使用は避け、スプーンなどを用いてください。
これは、赤ちゃんの食機能の発達を促すことや、口腔衛生上のことを考慮してのことです。
また、母乳やミルクの代わりにはなりませんので、それらの摂取量に影響を及ぼさないように量を調節してお与えください。

 

とまぁ、わかりやすく書くと。

  • 小さな子でもヤクルト400は飲ませてもいいよ
  • 赤ちゃんに飲ませるのなら、離乳食を食べれるようになったらね
  • 赤ちゃんはヤクルトを薄めて、少量からはじめてね
  • 飲ませるときはスプーンで飲ませてね

こんな感じですね。

 

 

いろいろめんどくさいんで、ここまでして赤ちゃんにヤクルト400を飲ませなくてもいいと思うんですけど。
まぁ実際、こんなめんどくさいことをしてまで赤ちゃんにヤクルト400を飲ませている人は少数だと思います。
普通にそのままヤクルトを飲ませている人が多いと思うんですけどね。

 

 

あと、これはヤクルト400に限った話ではなく、普通のヤクルトでも同じことがいえます。
というか、ヤクルトの類似品でも同じ感じだと思いますね。

 

 

ヤクルト社は大手だから、こういう赤ちゃんや子供への飲ませ方を紹介しているわけで。

 

他のメーカーのヤクルトの類似品には、赤ちゃんや子供への飲ませ方が紹介されていないので
「普通に飲ませていいのか」
ということにはならないと思います。

 

 

 

 

 

赤ちゃんにヤクルト400を飲ませるのは虫歯の危険がある

赤ちゃんがヤクルトが好きで、ヤクルトを飲ませていたら
「赤ちゃんが虫歯になってしまいました!」
なんていう評判がネットには結構あります。

 

 

ヤクルトに限ったことではないと思いますけど。
やっぱり糖が多い製品は虫歯になりやすいのだと思います。

 

 

そもそも赤ちゃん向けの製品って味が薄いものが多いですよね。
それなのに、ヤクルトみたいな大人でもびっくりするほどの甘さの濃い飲み物を飲ませるとか、虫歯になってもしょうがないような。

 

 

特に自分の姉もそうでしたけど
「赤ちゃんには虫歯菌はいないから、歯ブラシしなくてもいいんだ」
みたいな、偏ったことを思っている人は危険です。

 

 

たしかに歯ブラシするのがめんどくさいかもしれませんけど。
赤ちゃんの健康のことを考えているのなら、歯ブラシぐらいしていいと思うんですけど。
歯ブラシして、損があるわけでもないと思います。

 

「乳歯だから、虫歯になってもいいや」
という人もいるかもしれませんけど。

 

 

なんか親って、子供の健康に気を使っているのに。
やるべきことをおろそかになっている親が多い気がします。
よくわからないです。

 

馬鹿高い健康製品を買ったりするのに、普段の健康に気を使っていないっていうの?
人間の健康というのは、プラスのことをするより、マイナスのことを減らしたほうが効果が高いと思うんですけどね。

 

 

まぁそんな感じで、赤ちゃんにヤクルトを飲ませることはできるんですけど。
虫歯の危険があるので、どうにかする必要があると思います。

 

一番楽なのは
【赤ちゃんにヤクルトを飲ませない】
ってことだと思いますけど。

 

もちろんヤクルトだけが虫歯の原因ではないです。
でも
「ヤクルトが虫歯の原因になる!」
と思っているのなら、ヤクルトを飲ませなければいいわけです。

 

 

さっきも書きましたけど、赤ちゃんの腸って善玉菌でいっぱいなので。
ヤクルトを飲ませても乳酸菌シロタ株の健康効果なんて、ちょっとしたものだと思います。

 

乳酸菌の腸へのメリットと、砂糖の腸へのデメリット。
赤ちゃんに対しては、どちらのほうが影響が大きいのかはなんともいえないところがあると思います。

 

 

4歳とか5歳とか、それなりに歯磨きもするようになってから、ヤクルトを飲ませても遅くないと思います。
というか、なぜに赤ちゃんにヤクルトを飲ませようとするのか、よくわからないです。
いや、定番の乳酸菌配合飲料なので、健康に良いと思っている人が多いのかな。

 

 

 

 

 

ヤクルトは乳幼児も飲めるが、飲ませるメリットが乏しい

人の人生ですから、乳幼児にヤクルトを飲ませるのはなにも問題がないです。
ヤクルト社からしても、ヤクルトが売れたほうがうれしいので
「小さな子もヤクルトを飲むことができますよ」
なんて感じになっています。

 

実際飲ませることはできますし。

 

 

でも自分がもし親だったら、ヤクルトを飲ませないってわけではないですけど。
ヤクルトを無理に飲ませる理由も特にないと思っています。

 

 

それでなくても小さい子は味の薄いものを好んでいるのに。
ヤクルトなんて、味の濃いもの飲ませていたら、濃いもの好きになってしまいそうです。

 

カルピスも
「濃いのを飲ませろ!」
とかなりそうです。
いや、それは小さい子ならみんなそう思いますけど。

 

 

まぁなにを食べさせようが、なにを飲ませようが、その家庭の自由ですから。
小さい子にヤクルト400を飲ませるのも自由なんです。

 

でも自分的には、小さい子にヤクルト400を飲ませるメリットはそんなに多くないと思いますねぇ。
ようは小さい子に美肌対策をさせているようなものかな。

 

でも小さい子って、ほっぺがぷにぷにでお肌つるつるですよね。
そんな美肌対策なんて、しなくてもつるっつるなんですよ。

 

でも美肌対策をするかしないかは、その家庭の自由ですから。
することが悪いってわけではないわけです。

 

 

一番の可能性は
「子供がヤクルトが好きだから飲ませたい」
って理由なんだと思いますけどねぇ。

 

 

ヤクルトの効果というのは、乳酸菌シロタ株の効果です。
それがわかっていないと
「ヤクルト=健康に良い飲み物」
としか思っていなくて、後々泣きを見ます。

 

 

小さい子はアトピーになりやすいです。
アトピー対策として、腸内環境を整えるっていうものがありますけど。

 

それは大人アトピーにこそいえることであって。
小さい子のアトピーは、時間の経過で治ることが多いです。
子供は腸が弱っているからアトピーがでているわけではないと思います。

 

 

まぁメーカー側は、乳酸菌の価値を高めるために
「子供のアトピーが、乳酸菌で改善!」
なんて自社が保有している乳酸菌のアトピー効果を紹介していたりしますけど。

 

乳酸菌の効果というより、単に時間経過して、勝手にアトピーがよくなっただけな気もします。
乳酸菌を摂取している間も、時間は経過していますからねぇ。


ホーム RSS購読 サイトマップ